Skip to content →

美空ひばりさんのシングルレイヤーSACDができました

昭和を代表する国民的歌手として活躍し、1989年に惜しまれながら他界した美空ひばりさんの歌声を余すことなく収録したシングルレイヤーSACDが、いよいよ本日、発売となりました。このシングルレイヤーSACDに収録されているのは、2016年に同じくステレサウンド から発売されたアナログレコードに収めた8曲に、新たな2曲を加えた全10曲。新たな2曲とは、日本コロムビア所属のプロデューサー衛藤邦夫さんが選んだ「からたちの花」と「スターダスト」。アナログレコード用にピックアップした8曲とは趣の異なる選曲がとても興味深いですね。

収録曲
1.悲しい酒(セリフ入り)1982年録音[5:22]作詩:石本美由起 作曲:古賀政男 編曲:斎藤恒夫
2.みだれ髪[4:22]作詩:星野哲郎 作曲:船村 徹 編曲:南郷達也
3.愛燦燦[5:04]作詩:小椋 佳 作曲:小椋 佳 編曲:若草 恵
4.舟唄[4:06]作詩:阿久 悠 作曲:浜 圭介 編曲:佐々永治
5.悲しい酒(セリフ入り)1966年録音[4:52]作詩:石本美由起 作曲:古賀政男 編曲:佐伯 亮
6.影を慕いて[4:35]作詩:古賀政男 作曲:古賀政男 編曲:佐伯 亮
7.川の流れのように[4:55]作詩:秋元 康 作曲:見岳 章 編曲:竜崎孝路
8.津軽のふるさと[3:53]作詩:米山正夫 作曲:米山正夫 編曲:大西 修
9.からたちの花[3:25]作詩:北原白秋 作曲:山田耕筰 編曲:青木 望
10.スターダスト Stardust[3:24]作詩:Mitchell Parish 作曲:Hoagy Carmichael 編曲:山屋 清

今回もマスタリングには強いこだわりを持って臨んでいます。かつてアナログレコード制作時に制作した素材は使わず、SACD用とCD用に2回、それぞれのメディア特性に合わせたマスタリングを行ないました。だから、最高のシングルレイヤーSACDと、最高のCDが生まれた、というわけです。その作業は、アナログレコードで匠の腕を振るった、日本コロムビア所属のマスタリング・エンジニア武沢茂氏に今回も担当してもらいました。

アナログレコードが廃盤となって以来、オーディオ愛好家のみなさんからSACD化の要望がたくさん寄せられていただけに、ステレオサウンドディレクター陣もホッと胸を撫で下ろしたところ。ぜひとも、手塩にかけてきた自慢のオーディオシステムで聞いてくださいね。

misora_hibari_sacd
マスタリング・エンジニア:武沢 茂
ライナーノート:衛藤邦夫氏、武沢 茂氏(ともに日本コロムビア)のインタビュー掲載

Published in 新発売 新作情報