Skip to content →

アナログレコード「アリス」の素材チェックとマスタリングを実施しました。Report Vol.1 [2020/3/19]

ステレオサウンドからリリースしているアナログレコードコレクションに、5月下旬、待望の「アリス」が加わる。本日午後、いよいよその具体的な制作作業がスタート。東京・港区のミキサーズラボ 3FのBstに制作スタッフが集まり、ユニバーサル ミュージックから持ち込まれたマスター素材のサウンドチェックと、これから制作するレコードの音の方向性についてディスカッションが行なわれた。

株式会社ミキサーズラボ
マスタリングが行なわれたミキサーズラボ 。多くのビッグネームがここでレコーディングを行なっている

レコーディングエンジニアで、ミキサーズラボの代表取締役でもある三浦 瑞生氏と、ステレオサウンドの制作ディレクターとの間で交わされるやりとりを経て、マスタリングが施されていくと、まるで魔法がかけられたように、スタジオのラージモニターから聴こえてくるサウンドが生き生きとしてくる。そこには、「アリス」という、日本のポピュラー界を席巻したバンドだけが持つガッツと力強さを生かすとともに、歌詞の持つ意味を深く聴き手の心に届けたい、という思いがこめられているようだった。

アナログテープレコーダースチューダーA-80
マスターテープの状態もよく、オリジナルリリース当時のサウンドが見事によみがえった

制作は快調に進行。まもなくカッティング作業へと工程は進んでいく。そのサウンドに期待せずにはいられない。

スタッフミーティング
ユニバーサル ミュージックにより集められたマスターテープを前に、これからの作業方向性についてミーティングが行なわれた

Published in マスタリング