Skip to content →

中森明菜「歌姫」をアナログで聴く感動。

1994年の発売以来、累計で150万枚以上のセールスを記録している、中森明菜のCD「歌姫シリーズ」のなかから10曲を厳選。アナログレコードとして、発売することが決まりました!

中森明菜「歌姫」
大ヒットアルバム「歌姫」シリーズから厳選した10曲をレコード化しました

名曲の数々を中森明菜に寄り添った形で蘇らせたのが、編曲家の存在です。Side Aの「I LOVE YOU」「恋」の2曲は鳥山雄司、「なごり雪」は古池孝浩、Side Bの「シングル・アゲイン」「秋桜」「愛はかげろう」の3曲は千住明、「『いちご白書』をもう一度」は山田正人、そして「いい日旅立ち」は上杉洋史がそれぞれアレンジを施しています。

ギタリストとして知られる鳥山雄司がプログラミングとギターを担当した「I LOVE YOU」はKawaguchi Shizuka Stringsが奏でる弦の響きが心地よく伝わり、いっぽうの「恋」はバンド・サウンドに融合した穏やかなアレンジ・ワークが聴きどころです。同じくギタリストの古池孝浩が編曲を手がけた「なごり雪」は、あくまで原曲のイメージにそくした控えめなサウンド・プロデュースが貫かれています。

Side B 1曲目から3曲目の編曲を手がけた千住明は従来より映画音楽のサウンド・プロデュースなどでも知られ、ここでは編成の大きなオーケストラを従えドラマティックかつロマンティシズムに溢れるアレンジ・ワークを披露。艶を湛えた中森明菜の声から、悲哀に満ちたテイストを巧みに引き出すことに成功しています。10曲入りのこのアナログレコードのハイライトはこの3曲にあるといっても過言ではありません。

ベーシストの山田正人は「『いちご白書』をもう一度」において、リズムを明確に刻みながらも要所でギターやストリングスを施すことで曲の魅力をいっそう引き立てています。そして、ピアニストとしても知られる上杉洋史は「いい日旅立ち」を小林太のトランペット、弦一徹ストリングスによる弦楽器を加えることで、この曲が内包する物語性に違った角度から光を当てています。

今回採用された『歌姫』のカッティングマスターは、日本コロムビアの名匠・武沢茂エンジニアの手によって、スタジオに常設された往年の名機ノイマンVMS70カッティングマシーンとSX74カッターヘッドを駆使しラッカー盤に音溝が刻まれています。

本作を通じて、中森明菜のニュアンスに富んだ艶のある歌声を思う存分にお楽しみください。

●中森明菜「歌姫」-Stereo Sound Selection- (アナログレコード)SSAR-048の詳細はこちら

https://www.stereosound-store.jp/fs/ssstore/3360

Published in 新発売 マスタリング カッティング 新作情報

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です